岐阜・愛知等の東海地方の地域特徴と寒暖差疲労と目について-眼科Blog1

今年の夏は猛暑、酷暑でしたね。秋のお彼岸でも未だに夏のように暑い日がありますね。長期に及ぶ猛暑にて体力的が低下している時期でもありますし、また特にこの秋の時期は寒暖差が大きくなりますから、体調管理が大変難しい時期となって来ます。

◆“寒暖差疲労と目について”にコメントする前に、今年記録的な暑さで何度も耳に入ってきた猛暑日、そして真夏日夏日熱帯夜の定義はご存知でしょうか?

一日の最高気温が、35℃を超えた日を猛暑日、30℃を超えた日を真夏日、25℃を超えた日を夏日、と言い夏の暑さの目安としています。

また、夜間の最低気温が25℃以上の日を熱帯夜といいます。

夏日・・・最高気温25℃以上の日
真夏日・・・最高気温30℃以上の日
猛暑日・・・最高気温35℃以上の日
熱帯夜・・・最低気温25℃以上の日

と言う事になります。

◆では、岐阜県各地や愛知は日本全国的にどれ位暑かったのでしょうか?と猛暑日ランキング、真夏日等の日数ランキングを調べてみました。

猛暑日の日数ランキング・・・1位~3位までが九州地方で、4位岐阜県多治見、群馬県伊勢   崎と続きます。8位に同一で群馬の館林、埼玉熊谷、福岡朝倉、11位に同一で岐阜県美濃愛知県名古屋、栃木県佐野、群馬県桐生などが続きます。

真夏日の日数ランキング・・・1位~23位までが沖縄の各観測地点、ようやく24位から鹿児島名瀬、鹿児島与論島、そして30位岐阜多治見が本州で唯一、30位以内に入って39位に群馬館林と本州で2つめの観測地点が入り、46位まで全て九州勢というランキングになります。

夏日の日数ランキング・・・1~3位までが九州勢で5位岐阜県岐阜9位愛知県大府12位愛知県名古屋と東海地区勢が続きます。

熱帯夜ランキング・・・1~24位まで沖縄勢が続き、面白い事に25位に東京父島、26~36位まで沖縄、九州勢でランキング埋まります。沖縄は常夏の島といわれる所以ですね。

※詳しく調べてみますと如何に岐阜県の各観測地点を中心に東海地方は、中国地方、関西地方よりも暑い日が多いと言う事がわかりますね。東海地方の特に岐阜は内陸性気候のため気温が上がりやすく下がりやすい傾向があるので、いはゆる“夏バテ”はもちろんの事、“寒暖差疲労が起こりやすい”傾向があると言えるでしょうね。

※内陸性気候とは=気温の上昇・下降を緩衝する海や湖などの水辺が少ない地域に見られる気候で、比較的湿度が低く、日較差・年較差が大きい。水は体積が大きいので温まりにくく冷めにく陸地は温まりやすく冷めやすい。

日較差=日較差(にちかくさ、にちこうさ)は、一定の場所における1日の最高気温と最低気温の差です。

年較差=年較差(ねんかくさ、ねんこうさ)は、一定の場所で1年間に観測された最高気温と最低気温の差である。最暖月と最寒月の月平均気温の差を言う場合もあるようです。

前日比等からの温度差が5℃以上で寒暖差疲労は起こりやすいという学者や専門医の先生もおられますので、寒暖差疲労が起こりやすい地域ともいえますので、日頃から健康に対する留意は他の地域よりも岐阜初め愛知、名古屋の東海地区は敏感に対応した方がよいともいえますね!

◆次に“寒暖差疲労”とは、何かにコメントして行きたいと思います。

暑いときには汗をかくなど、人は外気温にうまく合わせて体温を調整する機能が進化と共に備わって来ました。この体温調整の役割を担うのが自律神経です。

その自律神経が正常に働くには、一定以上のエネルギーが必要になります。

気温差が激しければエネルギーの消費も激しくなります。エネルギーが不足、枯渇してきますと、体は当然、疲労して来ますね。このように寒暖差によって疲労が蓄積した状態を、寒暖差疲労と呼び、寒暖差が大きければ大きいほど自律神経の乱れも大きくなり目にも影響が出やすくなります。

特に今年は、夏の猛暑、酷暑でバテぎみの体に、秋の寒暖差による疲労で自律神経が乱れやすい時期ですので、目についても注意が必要な時期でもあります。

- 何か目の事でお困りでしたら、岐阜県各地を初め愛知北部の地域医療に根差したホームドクター・ちあき眼科は、交通アクセスもよい岐阜各務原ICからすぐ(約5分)のお買い物にも便利なイオンモール・各務原内にございますので、お気軽に来院下さい。 -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です