岐阜・ちあき眼科・秋の花粉症の植物の種類について

月日が経つのは早いもので9月も今日で最後で明日から10月に入りますね。岐阜でも急に秋の足音が聞こえてきました。

この時期は秋の花粉症・アレルギー性結膜炎で当、岐阜・各務原イオンモール・“ちあき眼科”にも“目のかゆみ”を訴えられてくる方が増えてきます。

その他に“充血”や“白目がブヨブヨする(浮腫と言います。)”、“まぶたの腫れ”等を訴えられて来院されます。

花粉症と言えば春だけのものだと思っている方も多いですが、この時期の“目のかゆみ”や“充血”は秋の花粉症・アレルギー性結膜炎の可能性が高いので重症化する前にお気軽に来院下さい。

秋の花粉症は、キク科の“ブタクサ”(黄色い花を咲かせる北アメリカから日本に入ってきた帰化植物)、こちらも帰化植物の“オオブタクサ”(別名,クワモドキ。岐阜や江南,一宮 等は比較的大きな河川がありますが,河川に沿って分布)が原因となり、草もちの材料にもなる“ヨモギ”(これも菊科)が原因になります。

他にもクワ科の“カナムグラ”等があります。

これらの植物は、比較的背が低く、花粉は数10mの範囲にしか広がらないため、それらの植物が生えている場所に近づかないのも花粉症の1次的対策にもなりますが、

イネ科の花粉の大きさは(イネ科の中の植物の)種類によっても変わってきますが、小さい目の花粉なので風や空気の対流に乗りやすく秋頃から乾燥化にも相まって少々やっかいです。中秋の名月に供えるススキも実はイネ科なんですよ。
岐阜・眼科・花粉症

上記のような症状が出た場合は、東海北陸自動車道岐阜各務原ICより車で約5分のアクセス抜群の岐阜・ちあき眼科に重症化しないうちに早い目に来院下さい。

岐阜市、各務原、や岐南、笠松はもちろんの事、関市、美濃加茂、可児 等からも多くの方が来院されております。

岐阜・ちあき眼科・こどもの目,眼科に関するブログ

9月に入り、岐阜でも夜になると随分と涼しくなってきました。
秋の気配が感じられる今日この頃ですね。

今日は小児の視力についてみなさまのお役にと記載しておきます。

生後1ヶ月頃;

新生児は視力がほとんどなく、実は視力は0.01~0.02位で、ぼんやりとしか見えておらず明暗がわかる程度です。

3ヶ月~1歳;

3ヶ月頃から目で物を追う(追視)ことが出来るようになり、親や周りの人に向かって微笑んだりするようになります(かわいいですね)。また6~8ヶ月頃の視力は0.1~0.2くらいで奥行や距離感がつかめるようになります。ママやパパと他の人の区別がつくようになります。

1~3歳頃;

1歳頃の視力は0.2~0.3くらいで2歳児は0.5くらいまで見えるようになります。

3歳頃;

3歳になると視力検査が出来るようになります。3歳児健診でまずはご家庭で視力検査をトライしてください。子供の目の機能は6~7歳までにほぼ完成しますので、3歳児健診の視力検査において異常が見逃されると治療が遅れ、十分な視力が得られないことがありますので、 “弱視”や“斜視”の早期発見のためにも、必ず3歳児健診を受けてして下さい。健診で異常を指摘されたり、視力検査がうまく出来ない場合は眼科を受診するようにしてください。

4歳~就学時まで;

視力が大人と同じ1.0くらいになってきます。小学校へ入学する前には就学時健診がありますので、3歳児健診のときと同じように異常を指摘されたら眼科を受診するようにしてください。

小学校~;

勉強・テレビ・ゲームなど近くを見る時間が増え、目が疲れやすくなります。学校検診で視力の低下を指摘されたり、日常生活や授業中でめにくいようでしたら眼科を受診してください。

☆岐阜県各地や愛知北部・江南,一宮 等の地域医療に根付いて大切なお子様の“こども眼科”も積極的取り組んでおります。

・岐阜・ちあき眼科は各務原イオンモール内にあり、広いスペースの駐車場から直結しております。そのため、ファミリーやご家族でのお買いものついでに“お子様”と来院される方も多いです。

また、交通アクセスがよくICからもすぐのところにございますので、関市や、美濃加茂、可児や、愛知北部・一宮、江南 等からも気軽に来院されております。

岐阜・ちあき眼科のブログです!

岐阜・ちあき眼科のブログです!
ちあき眼科は岐阜・各務原イオンモ-ル内にございます。各務原イオンモールの駐車場をご利用できますので、お買いものついでやファミリーでの来院の多い眼科クリニックでもあります。

土曜日、日曜日、祝日も眼科診療を行っておりますので休日診療でご来院の方も多い眼科医です。

眼科検診・会社健診で異常を指摘されたり、眼のトラブルやお悩みなどで一度、眼科専門医に診てもらいたいがお仕事等で平日は眼科受診が難しく、土・日・祝日に眼科休日診療を希望される方など、各務原市・岐南町・笠松町周辺・岐阜県各地(岐阜市・関市・美濃加茂市・可児市等)、愛知県北部の江南市・一宮市等からもお気軽に来院されておられます。

習い事や勉学で平日に眼科・学校検診等を受けるのが難しいお子様や学生の方も、ファミリー等で来院されております。

目の事でのお悩みやトラブル時にはお気軽に“岐阜・ちあき眼科”にお越し下さい!
今後とも地域医療に根差して、みなさまのホームドクターとして心温まる医療を心がけて行く所存です。